フジテレビNEXT 音組

コメントについてお願い!!
記事と関係ないコメント、ハンドルネームを変えての
複数の人間を装っての書き込みはご遠慮下さい。
サーバーの仕様により、コメント反映に時間がかかる場合もありますので、
連続書き込みもご遠慮下さい。

2005/10/30『僕らの音楽』第42回収録

06237 18日間で4日収録『僕らの音楽』。
(さらにインタビュー収録が別日2日!)
最終日の今日はレギュラーの収録日。

1本目は 11/18 23時半からの OA
シンディ・ローパー!そして
PE'Z!
まさかの共演!まさしくこれが
どっきどき、の収録でしたが、
いろんなボーダーを超えまくっての、
アーティストとアーティストの、ほんとうのコラボレーション!
サイコーでした!!
感動。
どちらのファンにも、ファンじゃないひとにも
必ず観て聴いていただきたい、
奇跡の『僕らの音楽』。
おたのしみに。

そして、もう1本
ASKAさん。
「はじまりはいつも雨」など生演奏。
一昨年の『HEY!』以来のお仕事?ついに実現。
感激です。
まだここからが『僕らの音楽』です。

そんなこんな『僕らの音楽』
今週金曜日 夜23時30分からの放送は、
氣志團。
YOUちゃんとの対談も絶好調(笑)。
どうか 存分におたのしみください!



2005/10/30 NHK-BS1『BS ディベート』「どうする紅白歌合戦」

ちょっと前になりましたが、NHK、出ちゃいました(笑)。
衛生第1、ですけど。
『紅白』をどうする、か?のインタビューコメント。
昨年末「日刊スポーツ」さんが、
NHK「紅白歌合戦」について「識者にインタビュー」、
という記事で、3人でカラー1ページ全面、
デカデカと取り扱ってくださった、からでしょう。
http://www.fujiint.co.jp/BBS/LOVEKP/bbs.cgi?res=04621&page=141
松任谷由実さんとの歴史的初仕事のはじまる前に、
クロストークを録ったホテルの、別の一室で、
『僕らの音楽』の、白×迷彩ピンクのTシャツを着て、
松任谷由実 with Friends Of Love The Earth、の缶バッヂつけて。
けっこう観られてた、もんですね。
直後に友人からメールが来ましたし、
今日も構成作家の大先生に言われました。
まー、そんなこんな
僕らの一年でいちばん大きな音楽番組
『FNS歌謡祭』12月最初の水曜日
12月7日の夜19時から4時間半の生放送。
がんばります。



2005/10/26 発売「TV LIFE」2005 No.23 [10/29→11/11]

P32
「KIKCHY FACTORY」vol.139
松任谷由実 with Friends Of Love The Earth のみなさん
『僕らの音楽』
[欧米に目を向けなくても、高いレベルの融合はできる]

昨日発売の「TV LIFE」は、まさかの
松任谷由実さん。そして
ディック・リー、amin、イム・ヒョンジュ、シェイ・クー;
Friends Of Love The Earth のみなさん。
まー、でも、ほんとうに
由実さんとお仕事できるとは思わなかった。
先日、『FACTORY』で知り合った
バカテクでバカを演るイケてるセッション;
SOIL & "PIMP" SESSIONS のクアトロに出かけてきたとき、
彼らのサインの入ったニッポン代表ジャージ;
ものごっつひさしぶりに着ていったらば、
右ポケットに6月のツアー最終日のユーミンのチケットとパスが入っていて、
あー、このころはまさか「ほんとうに」お仕事できるとは
まーるで思ってなかったなー、って感無量でした(笑)。
インタビューは「Smile again」収録後に
楽屋でヤラせてもらったのでしたが、
まさしく4か国語。基本的には、
僕と由実さんとaminとシェイ・クーさんのわかる日本語と、
ディックの英語の同時通訳、イムくんの韓国語の同時通訳、が
「同時」に飛び交う、ものすごい楽屋でした(笑)。
VTR の収録ではないので、通訳さんが待たずに「同時」通訳してくれるので
こんなにぎやかな場になりましたけど、
ディックの英語は「TV LIFE」さんも僕も由実さんもみんな聞きとれるので、
そんな雰囲気も伝わる誌面になっております。
おたのしみください!
(番組の収録では真逆に、通訳し終わるのを待ってのインタビューになるわけで
これはこれでまた、微妙ではありました)



2005/10/23『僕らの音楽』第41回収録

18日間で4回収録『僕らの音楽』。
3度目のこの日はもちろんイレギュラー。
あした 10/28 23時半からの OA
宇多田ヒカルさん!
まさかの初出演!
スゴイ!
岩代太郎さんによる、32人編成の生演奏。
僕らのストリングスの組みかたというのは、そもそも
ベースとなるバンド(ユニット)があって、その上にのっける
あるいはソリストとしてのコラボレーション、だったりするのでしたが、
今回は大編成のストリングスがあって、その譜面上のリハが終わったあとに
岩代さんのピアノと、今(剛)がのっかる、という考えかた。
たのしかったです!
演奏収録後、行定勲監督 とのトークを実に2時間も収録。
絶対に見逃せません。聴き逃せません。
音楽の今、音楽のリアルを、
そのままごらんいただきます。

そして、その前には
11/11 OA;
平原綾香さん。の最後の1曲。
ついに 亀田(誠治)さんとの 10数年ぶりのお仕事が成立しました。
(「ap bank fes」の収録を除く)
4月から突然、椎名林檎さんが大好きになって、
5月に2度ほど亀田さんともお食事をさせていただいて、
向井くんからの偶然で 椎名さんと お先にお仕事させていただいて、
で、やっとです(笑)。
無理くりなスケジュール調整をしてくださったマネジャーさんに感謝します。
ありがとうございました。
ギターは西川さん、ドラムは村石さん、と
めちゃめちゃ林檎さんなメンバーでした(笑)。
今回の予定3曲、ボーカルの平原さん以外は、
まったくミュージシャンがかぶっていないッ!
今日の2曲だけでも、あわせて実に27人のミュージシャンが参加。
たいへんな出来事です(笑)。

そんなこんな『僕らの音楽』
毎週金曜日 夜23時30分からの放送を、
どうか 存分におたのしみください!

Ps.そんなこんなで、今回
『HEY!HEY!HEY!』の収録に参加できませんでした。
ぱくさん!失礼!
ちなみに 来週 10/31 OA の1本目は
修二と彰 のおふたりに、ゆかりゲスト;保阪尚希さん+濱田マリちゃん。
藤井隆くんのお料理。
そして 今日収録 録って出しの「RANK-IN」。
再来週 11/07 OA の2本目は
安室奈美恵さんに、ゆかりゲスト;山上兄弟+マーフィー岡田さん。
Every Little Thing のおふたりのお料理。
「RANK-IN」は未定。
よかったら!



2005/10/18『MUSIC FAIR』収録

またまた収録日記を7週間もサボっていました『MUSIC FAIR』!
失礼しました。ここからまた出直しです!
今日は
来週の土曜日
2005/10/29 OA、
コブクロ!
CHEMISTRY!
そして、アユモニ。さんへのレスにも書いた、
YUI ちゃんに続く スターダストの二の矢;
高橋瞳ちゃん!
(振り返れば、サボらずに前に書いたのは、YUIちゃんの回、でした)
まぁでも、YUIちゃんよりか若いからか、
まだまだ未完成の魅力、ですね(笑)。
このコは若いコにはめずらしく、カラオケよりか
生演奏のほうが、うたがいい!
清志郎さん、のようなかんじ?(笑)
(だから「僕ら♪LIVE」のほうが、圧倒的なインパクトでした)
で、たぶんですけど、お客さんの前のほうが
ずっといいパフォーマンスするんだろうなー。
これからがたのしみです。
そして『MUSIC FAIR』ではおなじみの、コブクロ。
それから、CHEMISTRY。
リアルタイムでおたのしみください!



2005/10/16『僕らの音楽』第40回収録

今週2度目の『僕らの音楽』収録。
40回目かぁー。
1収録ちょうど2本平均。
けど、総集編とかもあるから、
やっぱ すくないかも。

1本は
11/04 OA!
氣志團のみなさん。
昨日『FACTORY』を演った、おんなじスタジオで
まったく別の僕らの番組。
違和感があって、ものごっつ よかったです!
「愛羅武勇」
カッコいいなー。
昨日今日で 今まで以上はるかに
彼らのことが大好きになりました。
絶対におたのしみいただきたい、です。

そして、2本目まだまだ収録、前(笑)。
11/11 OA、
平原綾香さん。
今回は、久保田利伸くんの名曲「Missing」、
そして、荒井由実さん(!)の名曲「晩夏 (ひとりの季節)」を収録。
来週もう1曲収録しますが、それはまた来週(笑)。
ユーミンの曲は松任谷正隆さんとの共演になりますが、
ここで思わぬもうひとつ。
平原まことさんとの父娘共演がテレビではじめて実現しました。
(まだ録ってないですけど。)
今回の予定3曲、ボーカルの平原さん以外は、
まったくミュージシャンがかぶっていないッ!
今日の2曲だけでも、あわせて実に27人のミュージシャンが参加。
(「晩夏」は、パーカッション5人!)
来週のもう1曲を考えると、たいへんな出来事です(笑)。

そんなこんな『僕らの音楽』
毎週金曜日 夜23時30分からの放送を、
どうか 存分におたのしみください!



2005/10/13『僕らの音楽』第39回収録

39日ぶりの『僕らの音楽』収録。
今日はスペシャル。
来週 金曜
10/21 OA は なんと!
松任谷由実 with Friends Of Love The Earth のみなさん。
ディック・リー、
イム・ヒョンジュ、
amin、そして
シェイ・クー、と
ユーミン の5人のユニット。

なにしろ 由実さんとの はじめてのお仕事です。
感無量。
15年くらい追いかけてきて、実ることもなく、けれど
今年の1月からまた おいかけはじめて、そして
今回の収録です。長い長い15年があって、それで
かなり突然にキマったので、
スタジオで実際に演奏がはじまるまで、
なんか 実感がわきませんでしたが、
「Smile again」の後半、
ディックの英語と、amin のマンダリンが重なるところ、から
イムくんのハングル、由実さんの日本語、
アジアの4つの言葉で紡いだリフレイン。
比喩でなく 涙が出てきました。
ありがとう。
ありがとう。

「春よ来い」も「卒業写真」も、
音楽は愛。
音楽はボーダーを越える。

ありがとうございました。



2005/10/12 発売「TV LIFE」2005 No.22 [10/15→10/28]

P35
「KIKCHY FACTORY」vol.138
華原朋美 さん
『堂本兄弟』
[収録前日はコーラスのこと、寝ないで勉強します(笑)]

本日発売の「TV LIFE」は、ある意味でのうちのコ(笑)
華原朋美。
彼女が、この芸名に、なった。10年前。の3月から。
ご存じのかたはご存じのとおり、です。
こうやってまた、レギュラーでお仕事できるんですから、
おたがい、がんばってきてよかった、よね。

次号 10月24日(水)発売号、は、なんと!
松任谷由実 with Friends Of Love The Earth のみなさん!
たぶんうまくしゃべれてませんけど、
僕なりに がんばってます。
おたのしみに!



2005/10/11『新堂本兄弟』収録

3週間ぶりのレギュラー収録は
新メンバー2度目の収録にして
はじめての3本録り(笑)!
かなりハードルの高い生演奏でしたが
充実したまる1日でありました!

先ずはちょっと先の日曜、第222回放送!
11/06 OA、初出演;
平原綾香さん!
堂本ブラザースバンド、はじまって以来の音楽性?
無伴奏の独唱ではじまる「秋桜」(山口百恵/1977)。
そして恭子ちゃんのピアノが入ってきて・・・
まるで服部克久先生の『MUSIC FAIR』のような
壮大なアレンジで、おたのしみいただきますッ。
みんな がんばりました。
もちろん 光一も「ちょっと おもろいコや」と認めた、
意外とちびっこでギャルな 綾香ちゃんの天然トークも
おたのしみください!

2本目は次の次の日曜
10/23 OA、これまた初出演;
神田うの ちゃん!
トークはもちろん、ご想像のとおりですッ。
「プリンセス天功」さんの再来襲、とか言われてました。
剛も爆裂の ものすごい濃密な収録でした。
で、うのちゃんが真剣にうたってくれたのは
「M」(プリンセスプリンセス/1989)。
恭子 姫 のピアノではじまるバラッドを
うの 大姫 が熱唱ですッ。
これが ちゃんとかわいかった(笑)。
魅力的な女性に育ちましたね。うのちゃん。
篠山紀信さんの「少女革命」のころ、超美少女モデルの
うのちゃん大好きで、そのあと『オールナイトフジR』のころ
お逢いしてびっくり!(笑)
けど、デビュー曲はけっこう好きでしたけど。

最後3本目は
10/30 OA、全組 初出演;
安めぐみ さん!そして
リリー・フランキー!
リリーさんは15年以上も前からの知り合いですが、
めっきり立派になられてからは はじめてで、
おそらく12年ぶりくらいにお逢いしました。
安はW田さんの事務所に移ったときにお食事して、
2年半くらい前か、それで「GIRL POP 03」のアシスタントをお願いしました。
安はふつうにかわいくなりましたね!
そして うたが上手で、なんてったって声がいい!
リリーさんのガットギターもよかったですッ!
終わってから、
「すぐうしろに蘭丸さんが、建さん、ポンタさんがいるかと思うと感無量」
と話していました。
意外か、この日いちばん考えに考えぬいて、トライを重ねたアレンジ。
安のやわらかな うたを放送でおたのしみください。
建さんもほめてましたッ!

よかったら、そんな
「建さんの掲示板」も おたのしみください!
http://www.fujiint.co.jp/BBS/KEN/bbs.cgi



2005/10/09『HEY!HEY!HEY!』収録

前の隔週は収録がおやすみだったので、
またもや4週間ぶりの本番。
そんなこんな 今日は ちゃんとした
2本録り!(笑)

1本目は 10/17 OA、
ひとりめは、鈴木亜美ちゃん。
「ゆかりゲスト」には、千原兄弟。
(テレビ観ないんで、実物をはじめて観ました!)
そしてもうひとり、郷ひろみさん。
もちろん、郷さんお薦めのお食事も2店も登場。

そして2本目は 10/24 OA、
ひとりめは、数年ぶり2度目の出演;舘ひろしさん。
「ゆかりゲスト」も、もりだくさん。
さらにはもうひと組、ハロプロからはほぼ1年51週ぶりの出演;DEF.DIVA。
今年は『MUSIC FAIR』でしかお仕事していなかったので、
(「ともえちゃんフォークゲリラ」を除く(笑)!)
ひさしぶりに話してもりあがりました。
もちろん、お薦めのお食事も2店登場。

おたのしみに!



2005/08/17 発売「TV LIFE」宮藤官九郎の稲妻コラム

P126
「真夜中のタイガー&ドラゴン」第十八夜
[僕らの音楽2、その他]

気がつかなかった(笑)。失礼しました。
今のインタビュー、になる前、書きコラムでモノクロ半ページの上下だったときには
(あたりまえですが) 毎号チェックしていたのに。。。
今は 高須さんのページといっしょにまた全号チェックしています。
図書館、とか出かける機会があったなら読んでみてください。
ちなみに、
くんく氏とついに対面!(まぁ 会社のエレベーターとかでは逢うともなく逢っているんですが)
の、きくち的な感想は、やっぱり
「予想より声が1オクターブ高かったです。」(笑)



2005/09/24 発行「朝日新聞」夕刊

P8
「番組探見隊」『僕らの音楽』フジテレビ系 金曜夜
番組だけの「1曲」追求
フルコーラス、生演奏貫く
豪華で異色な対談

ものごっつ おそくなりましたが、たいへんにいい記事を書いていただきました。
宮本さんという記者さんの署名原稿なんですが、
『僕らの音楽』で今まで書いていただいたなかでは、
サイコーの評価をいただきました。ありがとうございます。
昨秋「朝日新聞」「讀賣新聞」「日本経済新聞」のそれぞれ夕刊に
「大人の音楽番組」と数番組 括っていただいて立て続けに取りあげていただきましたが、
今回は『僕らの音楽』としてであり、まさしく「最新作が最高傑作」な
取材でありました。
僕も当日の朝までは覚えていて「買わなくちゃ」って思ってたのですが、
夕方には忘れちゃってて(笑)、後日手に入れたのでアップがものごっつおそくなりました。
図書館、とか出かける機会があったなら読んでみてください。
ちなみにカラー写真が2枚。
大きいほうのキャプションは
「雨にキッスの花束を」を今井美樹とKANが共演した



2005/09/28 発売「TV LIFE」2005 No.21 [10/1→10/14]

P137
「KIKCHY FACTORY」vol.137
深田恭子 さん
9月29日(木)『秋の堂本兄弟まつり(2時間スペシャル)』
[実はバンド、ずーっと やってみたかったんです]

発売中の「TV LIFE」は、前からなかよし(笑)、で またなかよしになった(笑)
深田恭子 ちゃん。
ピアノ、けっこうよかったでしょ?(笑)
上手い下手じゃない、テレビのライブ番組に必要な
サイコーのどきどき感。
これからがたのしみです。

次号 10月12日(水)発売号、は「堂本ブラザースバンド」新メンバー代表!長いつきあい(笑)の
華原朋美!
おたのしみに!



<<  1  >>

♪まもなくOA  OAカレンダー

non object

フジテレビNEXT&フジテレビNEXTsmart:フジテレビNEXT & フジテレビNEXTsmart

 

音組スタッフルーム
きくち大賞 レポート 音組の仕事 アーカイブ

<< 2005年10月 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最近の記事

QR
音組携帯サイトへ
簡単アクセス


Since:00/11/22


コピー禁止 このページに掲載されている写真はすべて著作権管理ソフトで保護され、掲載期限を過ぎたものについては削除されます。無断で転載、加工などを行うと、著作権に基づく処罰の対象になる場合もあります。なお、『フジテレビホームページをご利用される方へ』もご覧下さい。
(C) FujiTelevision Network, Inc.All rights reserved.