フジテレビNEXT 音組

コメントについてお願い!!
記事と関係ないコメント、ハンドルネームを変えての
複数の人間を装っての書き込みはご遠慮下さい。
サーバーの仕様により、コメント反映に時間がかかる場合もありますので、
連続書き込みもご遠慮下さい。

2004/04/30 発行「サンスポ」オリジナル原稿

P25
[「僕らの音楽」あす aiko 登場]

 毎週土曜夜の新しい音楽番組『僕らの音楽』。明日深夜零時20分からの第5回放送はaikoが出演。松任谷正隆さんが絶賛する大名曲、音楽スクールの生徒さんがうたうのを聴いて自らTSUTAYAまで出かけて生まれてはじめて自分で買ったCDだという「カブトムシ」、そしてヒット曲「桜の時」、僕的な最近の大名曲「かばん」をストリングスやホーンセクションなども組み込んだ生演奏でうたいます。この番組にポップないわゆるバンドセットが組まれるのははじめて。ドラムがちゃんと鳴ったときに、果たしてどんな音楽がつくれるだろうか、ちょっと不安もありましたが、だいじょうぶ、最上のバンド演奏のなか、aikoの言葉が、きちんと届いてきました。
 木曜日、ツアー最終日の武道館に出かけてきましたが、aikoのボーカリストとしてすごいところは、しっかりしたバンド演奏で、ギターがベースがキーボードがドラムがしっかり鳴っていても、彼女の言葉が全部客席までちゃんと届くこと。はじめて彼女をライブハウスで観たとき、なによりそこに感動して、翌日また2日連続で出かけてそれを確かめたものでした。仕事がら僕は、毎年ざっと百三十本ほどのステージを観ています。ライブですから、バンドとしての圧倒感や一体感はもちろん大事ですが、それが「うた」である以上は、なによりボーカリストの言葉が伝わってほしいと客席で僕は感じています。いろんな日常、いろんな思いを抱えて武道館にやってきた1万人のお客さんに、aikoのうたは2時間半の非日常を届けてくれました。aikoのうたを聴いて、あしたからもまたがんばろう、って僕もふつうに思いました。これが音楽の持つ意味のひとつかもしれない。
 スタジオで『僕らの音楽』を体験したお客さんは、必ず感動してくれます。目の前でいい生演奏を体で感じれば、やっぱり素直に僕らも感動します。ただ今感じているこの音圧やリアリティを電波に乗せてちゃんとお茶の間まで届けることができるのか、テレビの限界を考えてしまうこともしばしばあります。この感動をなるべくリアルになるべくたくさんのみなさんと共有したい。それが僕らの願いであり、目標でもあります。
 あしたはaiko。来週の第6回は一青窈「もらい泣き」、再来週の第7回は山崎まさよしくんの「セロリ」など、名曲をラインナップして、音楽のリアリティをなるべくそのままたのしんでもらえるよう、僕らもがんばります。
 日曜夜22時は『堂本兄弟』。明後日は河口恭吾くんとオフコースの名曲「愛を止めないで」を生演奏。月曜日夜19時からは『HEY!HEY!HEY!』2時間スペシャル(一部地域を除く)。10年間のパーフェクトランキングを飾ったベスト100曲を、爆笑トークの名場面も織り交ぜて一挙に大公開。音楽番組10年ぶりの冬の時代。深夜のロック番組『FACTORY』,CSの『フォークデイズ』,ほかにもいろんなアプローチで,音楽に愛のある番組を,僕らは作り続けます。
 僕らはフジテレビの「音組」です。

毎週のオリジナル全長文は
「KIKCHY FACTORY HomePage」で ごらんください!
http://www.fujiint.co.jp/BBS/kikchyfactory.html
先週の
[あやや論争で話題の「僕らの音楽」あすは平井堅がアコースティック生演奏]
http://www.fujiint.co.jp/BBS/kikchyfactory/sanspo77.html
[「僕らの音楽」に松浦亜弥がふさわしいか みなさんが見て聞いて、判断してください]
http://www.fujiint.co.jp/BBS/kikchyfactory/sanspo76.html
[いい意味で音楽人に負荷がかかる新番組「僕らの音楽」あすは直太朗]
http://www.fujiint.co.jp/BBS/kikchyfactory/sanspo75.html
[あすから毎週土曜 新番組スタート 幸せになれる音楽番組です]もどうぞ!
http://www.fujiint.co.jp/BBS/kikchyfactory/sanspo74.html



2004/04/28 発売「TV LIFE」2004 No.10 [5/1→5/14]

P130「KIKCHY FACTORY」vol.101
鳥越俊太郎さん
『僕らの音楽』
[インタビューの中から、新しい発見を届けたい]

ページのヘッドラインにもありますが
『僕らの音楽』のインタビュアーに対しての
素人インタビュアーの拙いインタビュー対決(笑).
ちょうど HMV のイヴェントの3日前,
4月7日の夕方
第2回 森山直太朗くんの鳥越さんの1ショットコメント収録後の
お台場の楽屋です.
ですから まだ放送は 第1回 平原綾香さん のみ.
演奏収録は 第1回/第2回 のみ,という状況であります.
そう思って読んでいただくと興味深い(笑).
まだ まったく 松浦は何も収録していなくて
鳥越さんは松浦に逢っていないのに
松浦の話になってたり.
もう この辺りで既に
「松浦亜弥は『僕らの音楽』にふさわしいか?」論争が
「僕らの音楽 HomePage」BBS でもりあがっていた,
という ころですね.

ちなみに 載ってしまった2ショットで僕が着てるのは
高見沢さんにいただいた「ロックバン」Tシャツですね(笑).
逆に(?)「Mac Fan」最新号の 高見沢さんのページに
『堂本兄弟 in HAWAII』のことで いっぱい 書いていただきました(笑).
けど 高見沢さん!いいかげんおつきあいも20年近いので
表記は「きくち」で お願いできたらと思います(笑)(笑).

よかったらば2冊とも読んでみてください!
おもしろいですよ(笑).

http://www.fujiint.co.jp/BBS/kikchyfactory.html



2004/04/27『堂本兄弟』収録

新年度2度目の『堂本兄弟』4年目の新セット2度目の収録!
今回もまた リハも当日のハードな3本録り!

1本目は 05/23 OA,
初登場!EXILE のみなさん!
ある意味 KinKi Kids と夢の組合せ!
こいつら ほっんと いいヤツらです!
ありがと!

2本目は 05/30 OA,
これまた初登場!鳥越俊太郎さん!
なんと!鳥越さん うたいました!(笑)
別の意味での 音楽のリアリティをお届けします!(笑)
トークもめちゃめちゃもりあがりました!(笑)

3本目は 05/16 OA,
今メンバーでははじめて!そして『堂本兄弟』
2度目の登場!hitomiさん!
収録寸前 フジテレビの画面で闘っていた あの
ノゲイラ選手が まさかの マジ乱入!出演者騒然!
オンエアでごらんください!
hitomi の「Diamonds」はサイコーでした!
個人的にかなりはまりました!
いいヴォーカリストです!

とりあえず!また書きます!

オンエアでは
今週 05/02 OA が 河口恭吾くん!
来週 05/09 OA が NEWS!

確実に リアルタイムで たのしんでください!

Ps.建さんが 4月の収録から 仕切直しで
「建さんの掲示板」に また
書きはじめてくれました!
うれしい!ありがとう!
ここ2回分の収録を音楽監督の視点からレポート!
是非!ごらんください!
建さんもレスが返るのをたのしみにしていますから(笑).

http://www.fujiint.co.jp/BBS/KEN/bbs.cgi



2004/04/25『HEY!HEY!HEY!』収録

4月新セット2度目の収録!
賛否両論のリニューアルも 視聴率的にはとりあえず成功気味!
今日の放送ではもうちょっとリニューアル!
ディレクター陣の砕心のアイデアがつまっています!

で、昨日の収録!
1本目は 来週 05/03 OA,
総合チャートスペシャル!
(一部地域を除いて)19時から2時間のゴールデンウィーク特番です!

2本目は 再来週 05/10 OA,
CHAMP は モーニング娘。!
そして EXILE!
それから NEWS!
そして最後に『僕らの音楽』でもお世話になりました
Crystal Kay!
総勢・的には すごいことになっています!(笑)
しかも モーニング と NEWS、衣装 真っ赤で ちょっとかぶってるし!
はさまれた EXILE のふつうっぽい(?)衣装が
逆にめいっぱい際立ってました(笑)。

それと ちょっと おまけの収録もあったり(笑)。

来週も リアルタイムで!



2004/04/16『MUSIC INDEX  Hi-vision Studio Live』収録

実に4か月ぶり(?)くらいの2本録り!
新生「音組」の 音楽レギュラー番組!
BSフジ の 完全ピュアハイビジョン音楽(だけ)番組!
志としては『僕らの音楽』に繋がるピュアリティ!
『坂崎幸之助のお台場フォーク村』から縁ができた枠です.
な もんで おさらいしますと

#01『坂崎幸之助のお台場フォーク村』吉田拓郎 feat.THE ALFEE (2003/10/28 初回 OA)
#02「坂崎幸之助のヤングフォーク」(2003/11/04 初回 OA)
#03「坂崎幸之助のひとり舞台」お台場 J-POP SCHOOL (2003/11/11 初回 OA)
#04「がくや姫 おんすてーじ」-こうせつ 坂崎 木根さん- (2003/11/18 初回 OA)
#05「坂崎・なぎらの日本放送禁止歌大全」(2003/11/25 初回 OA)

そして 新シリーズがスタート!
#001 ムッシュかまやつ × 富岡「グリコ」義弘 (2003/12/23 初回 OA)
#002 FUZZY CONTROL (2004/01/20 初回 OA)
#003 TMC 031207 REC (2004/03/23 初回 OA)

そんな こんな やってきて
昨日がお客さんを入れたスタジオでの はじめての オリジナル収録でありました.

#004「WADA NIGHT」
つだ♀まさごろ/THETA/ソニン/保田圭(友情出演)
+オールラインナップ
#005「SAKAKI NIGHT」
辻香織/AJI/ラブハンドルズ(友情出演)/松本英子/ZuTTO/篠原ともえ
+オールラインナップ

言わずとも知れた(笑) 和田さんと 榊さんの NIGHT です!
前シリーズから,
ビリケンがターンテーブルつかったのと,
今回 アカペラグループ;AJI が彼らの券売するライブと同じように
3曲ほどリズムトラックのオケを使った以外は,
全て 生演奏!つまりは ソニンも THETAの生演奏 で
「カレーライス・」やら「津軽海峡・」やら「合コン・」やら うたい,
自分のギター1本の弾き語りで「I LOVE YOU」(尾崎豊)の 韓国語ヴァージョンを名唱.
今まで聴いたソニンでいちばんよかった,です.
保田は 人前でこんなふうにうたうのは「フォークジャンボリー」以来!
彼女は もっともっと うたうべき,ですね.そこんとこ よろしく.
THETA は より子。同様 福田明日香の紹介で 和田組入り!
つだ♀まさごろ さんは 5月の生放送でも どうか おたのしみください!(笑)
榊組は メジャー組なので まぁ ご存じのとおりです(笑)
オンエアは 確認でき次第 HomePage で!

http://www.fujiint.co.jp/MUSICINDEX/



2004/04/13『僕らの音楽』第3回収録(2004/04/16 発行「サンスポ」オリジナル原稿)

P27
[「僕らの音楽」に松浦亜弥がふさわしいか
みなさんが見て聞いて、判断してください]

 毎週土曜夜の新しい音楽番組『僕らの音楽』。明日夜11時半からの第3回放送は,松浦亜弥さんが出演します。
 松任谷正隆さん武部聡志さんの2台のピアノの連弾で「LOVE涙色」を,作詞作曲をした谷村新司さんと「風信子」をアコースティックに共演,ここには平原綾香さんのお父さん;平原まことさんがクラリネットで参加しています。もう1曲,中学2年の松浦が姫路から上京する日にともだちが家の前に集まってうったてくれた,花*花の「さよなら大好きな人」をチェロのソリスト溝口肇さんと14人のストリングスで松浦がうたいました。いずれもドラムやパーカッション,ベースなどのない編成で,彼女の声がそのまま届く音楽につくりこみました。
 番組公式ホームページの掲示板で視聴者のみなさんが番組と音楽について熱い意見交換をしていて,特に「『僕らの音楽』に松浦亜弥はふさわしいか」という議論になっていました。僕はテレビの音楽番組に携わって20年目になりますが,そうやってきて思うのは「音楽に貴賤はない」ということ。僕は売れていない音楽だけがかっこよくて売れている音楽がかっこわるいなんて全然思わない。音楽に絶対的な「いい」「わるい」は存在しなくてあるのは個人個人の「好き」「嫌い」。「好き」がたくさん集まった音楽が一般的に「売れる」わけで,「いい」「わるい」というのはそういう評価の相対的な集積である,と考えます。ですから松浦を「アイドル」と切り捨てる,のは個人の「好き」「嫌い」であっていわゆる売れている音楽全般を批判することも基本的にちがうと思うのです。僕は逆差別はしない。売れてる音楽には支持される理由が必ずあります。松浦を評価するのは,松浦のうたを聴いてからにしてほしい。
 明日の放送が,僕らの解答です。森山直太朗くんが,次週の松浦を評して言っていたのが,
「松浦さんはつんくさんのデモテープを真似せずに自分のうたをうたっていると思う」
ということ。また,鳥越俊太郎さんの松浦へのインタビューの中で,
「あなたは何者ですか?」
「松浦亜弥です。」
「じゃあ肩書きは?」
「歌手です。」というやりとりがありました。僕もそう思う。彼女は,今のニッポンにただひとりだけの,アイドル「歌手」だと,僕は思います。
 松浦亜弥が『僕らの音楽』にふさわしいか,『僕らの音楽』が松浦亜弥にふさわしいのか,みなさんの耳で目でご判断ください。もちろんどうかリアルタイムで(笑)。

先週と多少重複しておりますが,
「サンスポ」さんが先週載っけてくれなかった部分にこそ,
言いたいことがつまっていたもので,
今週もまた書いてみました。
(また載らなかった(部分もある)けれど(笑))
毎週のオリジナル全長文は
「KIKCHY FACTORY HomePage」で ごらんください!
http://www.fujiint.co.jp/BBS/kikchyfactory.html
先週の[いい意味で音楽人に負荷がかかる新番組「僕らの音楽」あすは直太朗]
http://www.fujiint.co.jp/BBS/kikchyfactory/sanspo75.html
先々週の[あすから毎週土曜 新番組スタート 幸せになれる音楽番組です]もどうぞ!
http://www.fujiint.co.jp/BBS/kikchyfactory/sanspo74.html



2004/04/13『堂本兄弟』収録

新年度最初の『堂本兄弟』4年目の新セット初収録!
リハも当日のハードな3本録り!

1本目は 04/25 OA,松浦亜弥さん!
新メンバーになって最初の2度目のゲスト!
3年連続3回目の出演,なんですが
やっぱ 松浦はスゴイ!
ひとまわりして やっぱ 松浦はスゴイ!
おもしろいし めっちゃかあいいし 声は強いし うた いいし!
時系列でいうと「風信子」はじめての生演奏!
よかったよ!
(ぽっぽ・がオンエアできないのが残念無念!
KinKiはもちろん高見沢さんまて演ったのに)
時系列でいうと「風信子」はじめての生演奏!
よかったよ!

2本目は 05/09 OA,NEWS!
メジャーデビュー曲 初収録は
堂本ブラザースバンドによる生演奏!
トークもがんばりました!

3本目は 05/02 OA,河口恭吾くん!
敬愛する オフコースの名曲
「愛を止めないで」をセッション!
トークは なんか いろんな意味でも
異様なもりあがりでありました!

オンエアでは
今週が5週連続!3周年記念スペシャル第4週!
04/18 夜22時から(プロ野球中継延長あり)
Dreams Come True のおふたり!
『LOVE LOVE』以来のおふたりとふたり!
なによりかスペシャルなのは
「ね、がんばるよ。」の生演奏での共演!
(吉田)美和ちゃんのヴォーカルで聴く この曲!
まさかの 中村さんがうたう この曲!
ちょっと歴史的です!
トークはもちろん 予定どおりサイコーでした(笑).

確実に リアルタイムで たのしんでください!
5週連続で感想メールをくださったみなさんから
8名のみなさんに
『堂本兄弟』3周年記念Tシャツを
プレゼントします!



2004/04/14 発売「TV LIFE」2004 No.9 [4/17→4/30]

P126「KIKCHY FACTORY」vol.100
大瀧詠一さん
in ジャズ喫茶「BASIE」
[これからは音楽に正直な人が生き残っていく気がするんだ]

「TV LIFE」誌 連載「KIKCHY FACTORY」
書き原稿時代から通算100回を記念して
(インタビューになってからは26組目),
今回は まさかの 大瀧詠一師匠に ご登場いただきました.
感激です!
今回のタイミングの露出(?)が
「ロッキンオン」と「レコードコレクターズ」と「CDジャーナル」と
「TV LIFE」
ちょっとスゴイ(笑).
なかなかこのスゴさ具合が みなさんには伝わりきらないかと思いますが,
僕のまわりでは 今までの「TV LIFE」今までの「KIKCHY FACTORY」で
圧倒的にいちばんもりあがっています(笑).
火曜日の『堂本兄弟』収録終わりの焼肉屋さんでも 建さん ポンタさん を中心に
大瀧さんと「BASIE」で ものごっつもりあがりました.
「音組」兼『SMAP×SMAP』プロデューサー;
KOOLOO が僕より先に手に入れて読んでたり,
作家の高須さんとか「音組」総合P;YOU-DIE!! とか,
みんなみんなよろこんでくれています.
よかった(笑).

インタビューは 大瀧師匠のご希望で
東北新幹線「やまびこ」に乗って 一関への移動の車中で
2時間40分にわたって 絶え間なくお話していただきました.
「これからは音楽に正直な人が生き残っていく気がするんだ」って
見出しが付けられていますけども,そんな話でもなかったな(笑).
そして 一関の 高名なジャズ喫茶「BASIE」まで出かけて,
コーヒーすすりながら 菅原さんに写真を撮っていただきました.
(大瀧師匠の強い要望で 2ショット1枚のみの掲載になっています)

この「BASIE」というのは,僕の高校の正門の前の通りにある
旧いジャズ喫茶で,部活が終わった高校3年夏くらいから 学校帰りに
背伸びしたくて ちょこちょこ寄せていただいていました.
ジャズとかよくはわかんなかったけど
なんか イージーリスニング(当時)とかに大人の香りを感じて(笑),
ともかくも WEATHER REPORT 辺りが 僕らのあいだではやっていて(笑),
当時からおっかない(?)オーナーマスターだった 菅原さんに
夕方のおこちゃまタイムに無理矢理(?)
「BIRD LAND」とかかけてもらって はしゃいでたのを憶えています.
ちょうど卒業を前にして,都市計画かなんかによる路幅拡張の話が出て,
「BASIE」が閉じるとか そんな話が出て,最後の日
お店の前にずらりと並んだ花輪にびっくり!
森田一義(さん),渡辺香津美(さん),陽水(さん)とか高中(さん)とかもあったかな,
ニッポンの音楽な超有名人たちの花々に,
ここってそんなにすごいお店だったんだ,と驚いたものでした.
23年ぶりに 出かけた「BASIE」
ちょっとだけひろがった高校への道沿いの同じ場所に移築した店内は,
(逆)デジャヴュのように なんにも変わっていなくて,
そこで 大瀧師匠とならんで 菅原さんに写真撮ってもらってる,
自分はすごいと思いました.
菅原さんが B面からかけてくれた LP『A LONG VACATION』
針の軋んだ けれど どこまでどうなのかわからなくらいに深い.
サウンドを体で直接感じながらすする苦いコーヒーは,
これこそ 甘露なご褒美 でした.
お仕事 がんばってきてよかった(笑).

興味があるかたは
http://www.fujiint.co.jp/BBS/kikchyfactory/onkochishin.html
あと
http://www.fujiint.co.jp/BBS/kikchyfactory/kikchy34.html
http://www.fujiint.co.jp/BBS/kikchyfactory/tvlife09.html
など ごらんになってみてください.



2004/04/05『HEY!HEY!HEY!』生放送 + 04/11 新セット初収録

今年最初の 生『HEY!HEY!HEY!』!
またもや 生きくちまつり?(笑)
特に中間点での3連発には…もはや何も言いますまい(笑).
ものごっついいかんじにキラキラした
スケール感に溢れる3時間のゴージャスな生放送だったので
もちょっと 成績がほしかったことなものでした..

そして一昨日は4月新セット初収録!
月曜日の放送でもちょっと流れたはずですが,
9年半にして最大のセットチェンジ!
すっかり 絵変わりしています!!

1本目は 来週 04/19 OA,
CHAMP は 森山直太朗くん!
土曜日の『僕らの音楽』は およそ考えら黷骰ナ上の出来!
この日の『HEY!HEY!HEY!』の「生きとし・」も
いいかんじです!菅野美穂ちゃんとか
月9のメンバーが客席で観ています!
そして ミニモニ。
すごいことになっています!(笑)
ほとんど コント(?)か ドキュメンタリー(?)
観たことのない映像です!
あと Usher!ミカが大好き!
8週連続で全米ヒップホップチャート ナンバーワン!
そして 樋井明日香さん!
けっこう コレは イケるかも!!

2本目は 04/26 OA,
CHAMP は aiko!
そして 奥田民生くん!
そしてそして 愛内里菜さん!
もうひと組 初登場は sacra!

リアルタイムで!



2004/04/09 発行「サンスポ」オリジナル原稿

P25
[いい意味で音楽人に負荷がかかる新番組「僕らの音楽」あすは直太朗]

 先週からはじまった毎週土曜日夜の新しい音楽番組『僕らの音楽』。音楽のリアリティをそのまま伝える純粋でストレートな音楽番組です。これが内外にかなりの衝撃をもたらしたみたいで,いい意味でけっこうな波紋を呼んでいます。
 明日10日夜23時55分からの第2回放送の収録で,森山直太朗くんが鳥越俊太郎さんのインタビューに,
「こういう番組ってみんなやりたいと思うんですよ。だけどココはやっちゃダメでしょ,っていうような,何かこうタブー的なにおいのするところに,正面切ってやろうって行ったのはスゴイと僕は思う。」と応えていましたが,そういう意味ではほんとうに今の時代になかった音楽番組,森山くんの言葉を借りるなら,
「いい意味で音楽人たちにもすごく負荷のかかる番組」です。
 フジテレビのホームページ,番組の公式ホームページにも,ただ1回放送しただけの音楽番組とは思えないほど,たくさんの熱い御意見をいただきました。番組のホームページには掲示板が用意されていて,視聴者のみなさんもまるでスタッフであるかのように,番組についての真剣な議論がくりひろげられています。ただ1回の放送を観ただけで『僕らの音楽』は斯くあるべきだと語ってくれてるのはスゴイと思いますし,いち早く番組に深い愛情を持ってくれたみなさんに感謝します。ひとつひとつ,僕らも鳥越さんも興味深く読ませていただいています。
 そこで第5回まで発表している出演者について議論になっていて,音楽を愛するみなさんの熱い気持ちが一所懸命綴られています。特に3回目に出演の松浦亜弥さんの是非が論じられていて,ひいてはメジャーな出演者というのがどうか,とも疑問を投げかけられています。僕はテレビの音楽番組に携わって20年目になりますが,そうやってきて思うのは「音楽に貴賤はない」ということ。僕は売れていない音楽だけがかっこよくて,売れている音楽がかっこわるい,なんて全然思わない。たぶん音楽に絶対的な「いい」「わるい」は存在しなくて,あるのは個人個人のなかでの「好き」「嫌い」。そして個人の「好き」がたくさん集まった音楽が一般的に「売れる」わけで「いい」「わるい」というのはそういう相対的な評価の集積である,と考えます。ですから松浦を「アイドル」と切り捨てる,のは個人の「好き」「嫌い」であって,いわゆる売れている音楽全般を批判することも基本的にちがうと思うのです。僕は逆差別はしない。売れてる音楽には支持される理由が必ずあります。僕はできる限り偏見や先入観無く音楽を聴きたい。松浦を評価するのは,松浦のうたを聴いてからにしてほしい。『僕らの音楽』は自信を持って彼女をラインナップしました。かつて『FACTORY』という深夜のライブ番組のオープニングアクトで予告無く,千人のロックファンの前ひとりも彼女のファンがいないステージでうたった,緊張感あふれるうたはサイコーでした。ただ『僕らの音楽』をみなさんがはやくもこんなに愛してくれて,親身になって前向きな議論を闘わせてくれていることは制作者としてこのうえない幸せです。くりかえしほんとうに感謝しています。
 まずは明日の土曜日,夜23時55分からの森山直太朗くんを存分におたのしみください。咲き誇る夜桜を前にしての「さくら」,そして総勢61名の生演奏で初披露される月9ドラマのテーマ,ともに圧巻です。これがこの音楽番組の僕らの解答です。

毎週のオリジナル全長文は
「KIKCHY FACTORY HomePage」で ごらんください!
http://www.fujiint.co.jp/BBS/kikchyfactory.html
先週の[あすから毎週土曜 新番組スタート 幸せになれる音楽番組です]
http://www.fujiint.co.jp/BBS/kikchyfactory/sanspo74.html

04/11 日曜 夜 22時30分 OA『堂本兄弟スペシャル in HAWAII』の
[拓郎さんもご満悦のハワイロケ]
http://www.fujiint.co.jp/BBS/kikchyfactory/sanspo71.html
[3周年「堂本兄弟」初の海外ロケ 拓郎夫妻2ショットも!?]もどうぞ!
http://www.fujiint.co.jp/BBS/kikchyfactory/sanspo70.html



2004/04/02 発行「サンスポ」オリジナル原稿

P25
[あすから毎週土曜 新番組スタート 幸せになれる音楽番組です]

 明日4月3日から,毎週土曜日の夜11時半に新しい音楽番組をはじめます。題して『僕らの音楽』。今の時代にはまだ無い,音楽のリアリティをそのまま伝える,純粋でストレートな音楽番組です。
 第1回放送は平原綾香さんが今年のナンバー1ヒット「Jupiter」をうたい,彼女がそれをうたうきっかけとなった大学の音楽教室で「Jupiter」を語り,また,ニュースの職人;鳥越俊太郎さんによる妥協のないインタビューで19歳の少女のリアリティをドキュメントします。
 来週の第2回放送は森山直太朗くんが時代の名曲「さくら」を咲き誇る桜の木の前でうたい,4月からの月9ドラマのテーマを61人という大編成の生演奏で初披露,そして鳥越さんによるかつてない突っ込んだインタビューに彼が語る真実の言葉を放送します。
 以降松浦亜弥さん,平井堅さん,aikoさん,とラインナップ.生演奏でていねいにつくりこんだ良質な音楽と映像を,週末の日本に毎週お届けします。
 10年前に先輩の水口昌彦・現編成企画担当部長が発明した『HEY!HEY!HEY!』。今以上に歌番組が不振だったあの時代,けれどCDはものすごい売れはじめていた時代,一流のお笑い芸人さんと音楽のひとをトークさせるという,誰もやろうとは思わなかった,やれもしなかった,画期的な大発明でありました。そこから歌番組は勢いを取り戻し,各局に同種の発想の番組が次々と立ちあがりました。
 あれから10年.CDは驚くほど売れなくなり,歌番組もまた悩みの時代。視聴率の慢性的な長期低落傾向に苦しみながら,各局各番組ともじわじわと平均視聴率を下げてきました。そんななかの昨年末の『FNS歌謡祭』,昨年1年間の民放の全音楽番組のなかで結果ただ1本,20%を超える好成績。そこから僕と板谷ディレクターとの次の闘いがはじまりました。そしてたどり着いたこの番組が,平成16年の僕らの新しい発明だと思っています。
 この『僕らの音楽』,詭弁かもしれませんがトークはありません。そのかわりに,音楽の表現者に,報道のプロである鳥越さんが聖域のないインタビューを敢行します。音楽の今,音楽のリアルを,そのままごらんただきます。笑いのない音楽番組だけど,きっと幸せな気持ちになってもらえるんじゃないかな。
 正直,コレでいいのか?と思われるかもしれませんが,明日4月3日の第1回放送からみなさんの目で耳で評価してください。もしすこしでもそこに感動があったなら,制作者として幸せに思います.

毎週のオリジナル全長文は
「KIKCHY FACTORY HomePage」で ごらんください!
http://www.fujiint.co.jp/BBS/kikchyfactory.html
先週の[今回は祝「堂本兄弟」3周年記念プレゼント]
http://www.fujiint.co.jp/BBS/kikchyfactory/sanspo73.html
04/04 日曜 夜 22時30分 OA『堂本兄弟スペシャル in HAWAII』の
[拓郎さんもご満悦のハワイロケ]
http://www.fujiint.co.jp/BBS/kikchyfactory/sanspo71.html
[3周年「堂本兄弟」初の海外ロケ 拓郎夫妻2ショットも!?]もどうぞ!
http://www.fujiint.co.jp/BBS/kikchyfactory/sanspo70.html



音楽番組制作チーム「音組」宣言!

「KIKCHY FACTORY HomePage」
5周年を目前にした 本日4月1日をもって,大幅にリニューアル いたしました.
そして「team FACTORY」を この春から改編,
僕らの音楽(番組)制作チーム;
「音組」(MUSIC FACTORY)として,
より たくさんの より 良質な 音楽コンテンツを制作する
プロデューサー/ディレクター集団 として
より がんばっていきます.

「音組」は,

『FACTORY』フジテレビ721(CS) / フジテレビ(地上波),
『フォークデイズ』フジテレビ721(CS),
『MUSIC INDEX Hi-vision Studio Live』BSフジ,
そして『僕らの音楽』フジテレビ(地上波),
の 現在4本のレギュラー番組,,

6月放送開始予定の『FRIDAY NIGHT LIVE』フジテレビ721(CS),
BSフジ で放送開始準備中の 音楽系番組,
などの 将来のレギュラー音楽番g,,

そして 多数の特番/単発番組,
コンサート/ライブ/イヴェント制作,
制作プロダクション機能 としてのビデオ制作,
など,,

フジテレビに位置する
音楽(番組)制作チームとして
走りはじめます.

ご期待ください!



<<  1  >>

♪まもなくOA  OAカレンダー

non object

フジテレビNEXT&フジテレビNEXTsmart:フジテレビNEXT & フジテレビNEXTsmart

 

音組スタッフルーム
きくち大賞 レポート 音組の仕事 アーカイブ

<< 2004年04月 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最近の記事

QR
音組携帯サイトへ
簡単アクセス


Since:00/11/22


コピー禁止 このページに掲載されている写真はすべて著作権管理ソフトで保護され、掲載期限を過ぎたものについては削除されます。無断で転載、加工などを行うと、著作権に基づく処罰の対象になる場合もあります。なお、『フジテレビホームページをご利用される方へ』もご覧下さい。
(C) FujiTelevision Network, Inc.All rights reserved.