フジテレビNEXT 音組

2011/12/08『2011 FNS歌謡祭』視聴率19.9%!加藤ミリヤ「M BEST TOUR 2011」横浜アリーナ 出かけました。

きのうは
『FNS歌謡祭』
全81曲
コラボ61曲
生演奏61曲
音楽は
たのしかった!
そういう4時間
みなさん
ありがとう。
視聴率も関東で
19.9%!
10月の
『芸能人歌がうまい王座』を抜き
12月7日現在
今年の民放の音楽番組
ナンバーワン視聴率!!

関西/名古屋/仙台/静岡は
22%超
応援ありがとうございました。

やるだけやりきった4時間超、
61曲の生演奏のなかには
カラオケ放送ではありえない
制作上のトラブルもあり、
出演アーティスト関係者には
お詫びもしました。
音楽が大好きなのに、
音組を好いてくれているのに、
なかよししてくれてるのに、
大好きなアーティストなのに、
ごめんなさい。
今、言えるのは、そこまで。
きょう関係各ポジションの
メンバーが集まって
きっちり話し合いました。
つぎにもっとステキな
何かをつくれるように、
また1年、
がんばります。

ともかくも
おつかれさまでした。
参加してくれた
80組ものアーティストのみなさま
ご理解ご協力くださった
各方面の関係者のみなさま
ありがとうございました。
やっぱり
音楽はたのしかったょ!

夜には
めちゃめちゃ
励みにしていた
ミリヤちゃん
出かけましたが
ばたばたしてて
ライブは
まにあわず
ごあいさつして
差し入れて
帰ってきました
ざんねん。
また、必ず。

コメント


ゴスペラーズとテゴマスのよかったです(^^)みせてくれてありがとうございます。 大変な、時間、仕事量だったのかもしれませんが、様々なアーティストのバックアップお疲れ様でした。
きくちPの頑張りにハラショ!
コメントを見る限り、視聴者にはあまり伝わらなかったのかな?
それとも私の読みすぎでしょうか?

嵐の事故は非難が多いようですが、私は嵐のプロ意識の高さに感心しました。
事故に対応しながらの歌レベルも納得の範囲内で現在のアイドルでは合格点でしょう。

ゆずと谷村さんのコラボはせめて堀内さんも一緒にならなかったのかな?と残念でしたが、ご褒美を貰った?ゆずのテンションの高さはライブの良さが最高に引き出されていて今回のベストコラボだと思います。
次はこのコラボに匹敵するコラボ満載の番組、期待しています。
年末歌番組は、どこよりもFNSが大好きで、録画を何回も観て隅から隅まで楽しんでいます。
音楽を愛するきくちPさんやスタッフの皆さんが、一生懸命作っているのが伝わってきます。
私は平井堅さんの大ファンですので、今回も薬師丸ひろ子さんとのコラボの美しさにうっとりしています。
最後にもコメントを聞いて下さり、ありがとうございました!
他にも好きなアーティストや普段観る機会の無いアーティストを観るのも楽しみで、中でも、名前は知っていましたが初めてちゃんと観た、w-indsの皆さんの歌とダンスの完璧さに、日本にもいたんだ!、と驚きました。
歌やダンス、グレードが高く、心に届くパフォーマンスは、観る者の気持ちを豊かにしてくれますね。
これからも、観応え聴き応えのあるFNSを楽しみにしています!
僕らの音楽はスタジオなので向かい合わせで歌っても良いと思いますが、ステージでは前を向くのが自然だと思いました。布施さんと松崎さんのベテラン同士のコラボより布施さんと堂本剛くん、松崎さんと木村拓哉くんのベテランと若手のコラボの方が良かったと思います。マツケンさんとカツケンさんでマツケンサンバも観たいです。来年も楽しみにしています。
多少、詰め込み過ぎ感はありましたが、地上波でこれだけの楽曲が観られるのって他にないのでは?トークとか過去の映像も最小限だったし。生ならではの部分?も楽しめました。来年も期待してますのでよろしくお願いします。

数日経って・・・


FNSは本当にたくさんの人が見ているんですね。
職場でも、色々言われましたが・・
私、1人1人にどうしてああなったのか、説明しました。

嵐のことを言われると黙っていられません!
一般の私がいる環境でさえこうなのだから、現場はもっと大変なんだろうな・・と思います。

でも、歌は人を感動させる力をもっています。
それを仕事にされている皆さんは、夢を私達に届ける役目を担っている、ということ。


嵐をこれからもずっと応援していこうと強く思えた夜。どんな逆境にも笑顔で対応できる強さを見せてくれた嵐。ありがとう。

そして最後に、きくちP始め番組スタッフの方々・・・
来年もFNS見ますよ!!
失敗からしか何ひとつ学べず!精神で。

FNS歌謡祭お疲れさまでした*

生放送なのでアクシデント
仕方がないとは思いますが

もっときちんと公の場で
視聴者に謝罪して欲しかったです

高視聴率だったという事は
裏返しにどれほどの嵐のファンの方が楽しみにしていたかも
顕著に表れているのではないでしょうか

そしてそのような状況下でも
決して笑顔を絶やさない五人を見ていて
とても心が痛みました


番組のさらなる御発展と

来年は嵐の素敵な生歌が聴ける事を願っています。

良かったです!予想が出来ない、聞いてみないと解らないそんなワクワク感がありました。薬師丸さん×平井さん、素敵!布施さん×松崎さん、圧巻!ゴスペラーズ×東方神起、美しい歌声!久保田さん×SMAP、超楽しい!さんまさんの「僕が笑いを君にあげるから君の笑顔を僕にください」にジーン!とても個性的で唯一無二の番組だと思います。欲を言えば、もう少し歌の余韻を作って欲しい。これからも続いて欲しい番組です!
かなり楽しみにして待っていた番組だっただけに、ものすごく残念でした。

嵐のメンバーたちが一瞬異常を察知したのはわかりましたが、その後も何事もなかったようにパフォーマンスを続けていく姿に、プロ根性をかんじました。 

嵐が受けた批判を御自分に受けたものときちんと考え、今後の番組制作に期待をしたいと思います。

一応。


来年こそ事故のない放送にしてください。

年末の家族の楽しみですから。
今年のFNS歌謡祭は、楽しみにしていただけに本当にショックで残念な結果となりました。

放送中は笑顔で頑張る嵐のメンバーを観ているのが とてもつらかったです。
“二度とフジテレビは見ないぞ!”と正直思いました。

でも、こちらでプロデューサーの謝罪コメントを読み、気持ちが落ち着いたところで 録画していたあの映像を観ていると…。
今度は涙が止まりません。
あの最悪の状況下、動じずにいつも通りに笑顔でパフォーマンスをする嵐メンバーを観て、ファンや視聴者に対する彼らの誠実さと勇気に感銘を受けました。

環境が整わなくとも 常にベストを尽くす!そんな嵐の皆さんが更に更に大好きになりました。
これからもずっと応援していきたいと思います。


そして 出演されたアーティストの方々、素敵な歌をありがとうございました。
スタッフ、関係者の方々、本当にお疲れさまでした。

来年は皆が笑顔で終われる番組となりますように…。
【コメントの続きを読む...】


註:ここは「きくちPの音組収録日記」です。記事と関係のないコメントはご遠慮ください。記事と関係ないコメントを何度も連投されている方がいらっしゃいますが、これ以上投稿される様でしたら荒らしとみなし、然るべき手続きを行いますのでご注意ください。

下記同意事項に同意の上、コメントを投稿

名前
コメント
★番組に対する批判、誹謗中傷は望みません。一視聴者としてのみなさんの前向きなご意見と感想が番組と出演者を励まし,番組によい影響を与えてくれるものと信じます。連続して悪質な書き込みを行った場合には当事者に対して法的措置を講じる場合もありますのでご注意下さい。
 プレビューする

 
註:記事と関係ないコメントはご遠慮ください。ハンドルネームを変えての複数の人間を装っての書き込みはご遠慮下さい。 サーバーの仕様により、コメント反映に時間がかかる場合もありますので、連続書き込みもご遠慮下さい。 他のホームページでのもめごと等はこのページに持ち込まないでください。 個人間でのメールのやりとりでの問題についても同様です.書き込みに関して、 社会的・客観的に見て、公序良俗に反する内容、一個人に対する誹謗・中傷・実名や住所や電話番号などを 公開する行為、広告や商行為、著作権の侵害となる書き込みなどは、禁止です!書き込み内容はこちらの判断で削除・編集する場合がありますのでご了承下さい。また、フジテレビ以外の番組についての書き込みはご遠慮下さい。音組は書き込みの内容に関して一切の責任を負いません。ご自分の書き込みに責任を持ち、誤解を与えるような表現でないかをもう一度確認してから書き込んで下さい。プロキシサーバーを経由した書き込みも禁止です。以上にもかかわらず、荒らし行為や不正アクセス行為があった場合は、 当事者に対し法的措置を講じる場合がありますので予めご承知ください。

♪まもなくOA  OAカレンダー

non object

フジテレビNEXT&フジテレビNEXTsmart:フジテレビNEXT & フジテレビNEXTsmart

 

音組スタッフルーム
きくち大賞 レポート 音組の仕事 アーカイブ

最近の記事

QR
音組携帯サイトへ
簡単アクセス


Since:00/11/22

コピー禁止 このページに掲載されている写真はすべて著作権管理ソフトで保護され、掲載期限を過ぎたものについては削除されます。無断で転載、加工などを行うと、著作権に基づく処罰の対象になる場合もあります。なお、『フジテレビホームページをご利用される方へ』もご覧下さい。
(C) FujiTelevision Network, Inc.All rights reserved.