フジテレビNEXT 音組

コメントについてお願い!!
記事と関係ないコメント、ハンドルネームを変えての
複数の人間を装っての書き込みはご遠慮下さい。
サーバーの仕様により、コメント反映に時間がかかる場合もありますので、
連続書き込みもご遠慮下さい。

2009/09/30『堂本兄弟』収録 そのあと、KinKi Kids/はんにゃ/Backstreet Boys トラックダゥン。ほか 会議/打合せいっぱぃ。

そんなこんな
『堂本兄弟』
きのうの最後は
KinKi Kids
10月28日発売

29枚目シングル
「スワンソング」
こんどの日曜日
10月4日夜22時から放送
「秋のイケメン★トークバトル」で
生演奏で初披露!!

きのう深夜、お客さん入れずに
こっそり収録したので(笑)
ラジオでもまだオンエアされなぃ
この曲は、
堂本ブラザーズバンドの生演奏が
世界初公開です!
ただぃまトラックダゥン中。
建さんは、きのう打上げで
27時すぎまで呑み倒したあと、
朝からこのCDのマスタリング!
そして今『堂本』のTD
なので
「建さんの掲示板」ブログ
まだ書けてません。。
ずぅっと
「フジテレビZOO」
「ブログ急上昇ランキング」
ダントツ!なのに、、、
待たせて、ごめんね。
かわりと言ってはなんですけれど
「スタッフルーム」ブログ
ふ〜みん☆が
「いけめん」収録日記書いてます
よかったら→→そっちで(笑)。

それはのちほど
として。
きのうきょうは
へこむ出来事もあったりで、
「克味」のとき下見?してきた
なつかしの
「第二旭」
実に10数年ぶり食べてきました
神戸じゃなくて京都ラーメン?
ここきっかけでいきつけの
「第一旭」食べるよになったけど
かんちがぃしてたょ。。
写メは当時の
『LOVELOVE』のスタッフルーム
篠原さん見ても
人間の進化の過程を見てるようだけど
ホワイトボードの面々がまた、
リアルにそう。
。。。
がんばらなくちゃね!

Ps。南ちゃん?
青木先生の記念講座はね、
去年しか呼ばれてないの。
およばれしたらばいつでもです!
かわりといってもなんですけれど
わたしたち「音組」の現場、
見学にいらっしゃいませんか?

そんなこんな
複雑なきのうの収録のふたりです

2009/09/30 発売「TV LIFE」2009 No.21 [10/3→10/16]。。。「KIKCHY FACTORY」#112 ×堂本光一/#109 堂本剛 再録。

P57
「KIKCHY FACTORY」#241
[『堂本兄弟』10月4日イケメンバトル生放送]

きょう発売の
「TV LIFE」は
『堂本兄弟』
3年5日ぶりのスペシャル!
こんどの日曜日
10月4日夜22時
秋のイケメン★トークバトル

のこと書いたょ
読んでね!
読んでね!
読んでね!

そして、前号掲載
「KIKCHY FACTORY」#240
[『僕らの音楽』9月25日オノ ヨーコまさかの出演]
まもなく こちらに、Update!!
おたのしみ!

そんなこんな、
『堂本兄弟』の
ふたりに
5年まぇに
わたしがインタビューしたの
再録しますね。


「KIKCHY FACTORY」#112
×堂本光一
2004年9月21日 夜
『堂本兄弟』収録のあと
砧 東京メディアシティ 楽屋でインタビュー

きくち 10月から『新堂本兄弟』になるけど,これからもよろしくねっ!
光一 (台本を見て)あっ、でもまだこれ『新堂本兄弟』になってないよ。
きくち ロゴは真ん中に「新」の字が入るん予定。まあいつまでも「新」がついてるのもどうなのか。なんかのタイミングで取っちゃうかもしんないけど。
光一 じゃあ何が変わるの(笑)?
きくち まあセットはブルーなかんじの円形ステージで、ちょっと『LOVELOVEあいしてる』っぽいかな。
光一 …シックになったなって感じはあるけど、あんま意識してないなあ。
きくち 開始時間も遅くなるんで、もうちょっと音楽的な番組にしたいなって思ってる。1本目は大反省会だったけど。ああやってメンバーだけでしゃべるのもおもしろかったね。
光一 特にいつも後ろにいる(吉村)由美ちゃんやえなり(かずき)くんは、話に入ってきやすかったんじゃないかな。お客さんがいるとちょっと遠慮しちゃうときもあるだろうし。
きくち 1年半前にこの連載で光ちゃんに話を聞いたとき
「なんでもありの状態になってほしい」って言ってたよね?まだそこまでは行ってないのかな。
光一 いや、昔に比べるとMC席でやりたい放題になったと思うよ(笑)。一緒にやってて安心感も増したし。しゃべる機会も増えたと思うんだけど…せっかく(後ろの席に)振ったのに、カットされちゃうんだよなあ(笑)。
きくち ごめんね、それはこっち(スタッフ)の問題。大反省(笑)。
光一 まあゲストによっては全員がしゃべるっていうのは難しいよね。お笑いコンビだったりすると、もう2人の間で“間”が成立してるから、入っていきにくいし。逆に女優さんとかだと打ち解けるのに時間がかかるから、僕はアホになるようにしてるけど。
きくち 結果的には女優さんのときにもりあがってること、多いよね?
光一 それは「頑張らないと」って意識があるから。
「女性ゲストだと光一のテンションが高い」って思われてる(笑)。
きくち そうかも(笑)。あと今日、久しぶりに光ちゃんがステージのセンターで、1人きりでうたって。
光一 「うたっていいの?」って。直接、電話でも話したよね。
きくち うんうん。何しろ1人で光ちゃんがうたうのって「宇宙刑事ギャバン」(1997年7月に『生LOVELOVEあいしてる』で熱唱)以来だし。
光一 えっ!? マジで(笑)?
きくち ああやって(堂本)剛が演奏してる真ん中で光一がうたうっていうのもいいよね。しかもそれが20歳のときに書いた曲で、DVDの特典とはいえ、ソロで初めてのCDも付くし。ソロのCDはしばらく出さないの?
光一 とりあえず考えてないなあ
きくち そっか。さっき つんく♂さんとうたった「硝子の少年」を聞いて、音楽的成長をすごく感じたの。
光一 あらためて思うけど、違うフィールドの人たちが集まって、一発でバーンッと音楽になっちゃうのは、ホントすごいよね。ただ「硝子の少年」はやっぱり、(キーが)高かった(笑)。
きくち それを何回もリハーサルをやらせて、ワルかった(笑)。
(会話を聞いていて)そうそう
きくち (笑)。
何回もリハやるとさ、本番のときにテンション下がるときもあるし…。
光一 リハ自体は決して嫌いじゃないけど。今日はちょっと疲れたー(笑)。
きくち ごめんごめん、それもこっちで話し合うよ。なんか今日、反省ばっかだょ(笑)。まあこれからも頑張って、来年もまたハワイに行こうよ。(吉田)拓郎さんも来てくれるはずだし。
光一 ああ、ハワイだったらいいね。でも朝早いのと、山登りして自転車で下る、なんてのは、ちょっと…(苦笑)。
きくち やんないから!行こう!
 

「KIKCHY FACTORY」#109
×堂本剛
2004年6月27日 昼下がり
『僕らの音楽』収録の合間
お台場 フジテレビ 楽屋でインタビュー

きくち 今、綾戸智絵さんと演った「When a Man Loves a Woman」よかったね。リハーサルから本番を迎えるまでの過程で、どんどんうたが育っていく感じだった。
もう本当に、綾戸さんにはかなり助けていただいて。歌声がクロスしたり、散ったりするバランスが非常によかった。うたってて気持ちよかったし、たくさんの人に見てもらいたいと思いながらうたってたんですよ。
きくち お客さんの拍手、しかも細かい拍手がずーっと鳴りやまなくてさ。今日のお客さんは1曲しか聴いてないけど、大満足で帰ったんじゃないかな。その前にうたった「優しさを胸に抱いて」もよかったし。あれって、いちばん最初に剛が書いた曲じゃん。
そう生まれて初めて作った曲
きくち あの曲が生まれてから7年半経って今日完成した気がした
久しぶりにうたったんやけど詞がすごいシンプルで。なのにピュアさが残っているような曲でね
きくち メロディもピュアなんだけど音域が広くて難しい曲。『LOVELOVEあいしてる』で、キーを上げることも下げることもできなかったこと、思い出してた。今日は、武部聡志さんが「どうしても弾きたい」って、朝からこのために来てくれて。
そう言ってもらえるのはすごくうれしいね。いろんな人がいろんな風に自分を助けてくれる。こんな風に音楽を続けられるのは『LOVELOVE』があったからこそやって、いつも思うんやけど。
きくち でも『LOVELOVE』はやるべくしてやったんだよ、きっと。
それこそ神様がめぐり合わせてくれたって気がする。(吉田)拓郎さんや(吉田)建さん、ポンタさん、それに(土屋)孝平さんに。2年前にソロでやることになったときも、正直ためらったんですよ。自分の音楽はこれだっていうのがはっきり定まってなかったから。それをみんなが
「とりあえず自分が今、思うものをぶつけなさい。恥じることなく、臆病になることなく、頑張れ」って後押ししてくれて。 
きくち それでできた『ROSSO E AZURO』は名盤。タイトルもバツグンにいい。次のアルバムのタイトルはもう決まってるの?
シー『[si:]』ですね、発音記号で。会う、彼女、海…人間が生きていく過程や人生を、海と重ねてるみたいな。昨日もレコーディングやったんですけど、やっぱり難しいですね。自分がいいと思っていたら、周囲の反応が意外と悪かったりして。と思えば、その逆もあったりするし。
きくち そこは音楽を作っていく上での難しいところね。自分の納得か、みんなの納得かっていう。
折れて、でもここだけは貫いての繰り返しやから。
きくち そうやって録った曲も、ライブでやってくうちに育っていくしね。
そう、それが悔しくて。ライブの後に録りたいって、いっつも思う。まあライブDVDが出るからいいじゃないですか、みたいに考えたり。
きくち 大人だなあ(笑)。ツアーもアルバムの発売日(2004年8月18日)から始まるのよね? 前回はもう語りぐさになるくらいビックリの連続で。音楽的にもよかったんだけど、大喜利があったりして(笑)…剛の趣味の両端を見た感じがした。
(笑)。本当は音楽だけで行きたかったんやけど、ブルースやジャズ調の重い曲が多かったから、見てる人が不安になるかなって。あとは単純にコストの問題とかあって、コーラス入れるんだったらブラスバンド減らす、みたいなことがあったんですよ。当時は自分だけソロ出したんで、ちょっと遠慮したりなんかもして。で、前回は結構、いろんなことをスッパリあきらめた。
きくち コストのことまで気にするんだ。剛、すごく大人になった(笑)。
でも今回は光一もソロをやったことだし、もう好きなようにやろうと。照明からセット、衣装まで何から何まで含めて、いろんなものが融合してる感じかな。今回はほんまおもろいので、ぜひ見に来てください。
きくち たのしみしてるね!
<<  1  >>

♪まもなくOA  OAカレンダー

non object

フジテレビNEXT&フジテレビNEXTsmart:フジテレビNEXT & フジテレビNEXTsmart

 

音組スタッフルーム
きくち大賞 レポート 音組の仕事 アーカイブ

最近の記事

QR
音組携帯サイトへ
簡単アクセス


Since:00/11/22


コピー禁止 このページに掲載されている写真はすべて著作権管理ソフトで保護され、掲載期限を過ぎたものについては削除されます。無断で転載、加工などを行うと、著作権に基づく処罰の対象になる場合もあります。なお、『フジテレビホームページをご利用される方へ』もご覧下さい。
(C) FujiTelevision Network, Inc.All rights reserved.