DOMOTO BROS. MUSIC DIRECTOR;Ken Yoshida's Blog

2013年06月05日(水)

MD report 130604 紫陽花、雨、ボサノバ....。

最早、全国的に梅雨に入ったらしい。
いやいや、夏が来る前のこの鬱陶しい季節、湿気が多いのは、僕ら、楽器を扱うものとしては
少々ね…。
でも、いろいろな花が一斉に咲き始める季節でもあるよ、紫陽花とかこれから見頃だしね。
どんな季節でも愛でる気持ちを持ちたいものだね。
さて。今回のセッションは

久保田利伸さん+三代目JSBから今市さん&登坂さん   『My Cherie Amor』(Stevie Wonder)
JUJUさん+橋真麻さん              『When You Wish Upon A Star』(ディズニー)
檀蜜さん+谷村新司さん                                  『忘れていいの』(小川知子 谷村新司)

というラインナップ!
一本目のゲスト、久保田君はホントに久しぶりです。
相変わらずファンキーなムードを振り撒いて登場!そして一緒に三代目JSBから今市君と登坂君も!
DMBBとのセッション曲はスティーヴィー・ワンダーの名曲「マイシェリーアモール」です。
この曲はずいぶん昔の曲だけど、実にカバーされることが多い曲のひとつだね。
久保田君もニュー・アルバムでカバーしたそうで、そのアレンジ・コンセプトは、なんとボサノバ!
BOSSA NOVA、ポルトガル語で「新しい波」っていう意味だよ。
そう、ボサノバは、どこかもの憂気で、色気があって、癒し系で、ね。
夏の夕方のビーチ・サイドで聴けば雰囲気がぐっと盛り上がる音楽だ。
あまり電気楽器は使わない音楽で、やはり決めてはガット・ギター。
今回、ゲスト・ミュージシャンに僕の古い友人でもある鳥山君を迎えて、久保田君+今市君&登坂君、そしてDMBBでセッションしました。
ゲストの3人のそれぞれのボーカル、実に素敵な広がりを持っていて、曲のフレーバー生かしつつも、ボサノバのテイストもちゃんと伝わって来ます。
DMBBのリズム隊は柔らかいグルーヴを提供し、KinKI Kidsと高見沢さんのギター陣もしっとりと雰囲気を醸し出しています。
こんな難しい曲、DMBBにとってハードルが高かったけれど、無事、着地!
演奏を聴いている僕は、少しも和めなかったよ(笑)
そして二本目のゲストはJUJUさんと橋真麻さん。
セッション曲はディズニーの、これも名曲中の名曲!「星に願いを」。
みんな知ってる、まあ、なんとロマンティックでドリーミングな曲!
いつかきっと、こんな曲を書いてみたいと思うのは僕だけではないでしょう。
バイオリンとピアノでイントロを、その後、verse(主題のこと)をKinKi Kidsがバラードな感じで歌います。
KinKi Kidsがこういう曲を歌うのって、かなりレア!必聴ですゾ!(光一の低音の魅力&剛のフィーリング!)
そして高見沢さんのガットで転調し、ムードはJAZZY!
久しぶりのマッキーも入ったDMBBがみんな参加して、JUJUさんの歌をバックアップする。
こういう、スタンダードみたいな曲はJAZZ的な要素が多く、コードもすごく難しいんだけど、
スタジオはロマンティックな空気に包まれて、お客さんも幸せそうです。
あ〜、いいね、JUJUさんの歌唱も最高なら、DMBBもよくこんな難しい曲を頑張りました。
是非!是非!
そして吉例!剛マン・シスターズ・バンドのセッションです。
お題は『E7』一発のROCK!
テンポはやや早めで、アッパーなROCK!
剛君のメッセージも飛び出して、イエ〜ッ!

さあ、三本目のゲストは、檀蜜さん、そして谷村新司さんです。
セッション曲は、谷村さんの曲で、デュエット曲としても知られている「忘れていいの」。
この曲を檀さんとデュエットするとは谷村さんも思ってなかったでしょう、きっと。
でも、結構楽しそうでしたよ、谷村さんは。
なんか、リハーサル含め、歌ってない時でも、檀さんを優しく導いてあげてる風で、貫禄というか、懐深いというか、そういう大人の包容力を感じましたね。
檀さん、かなり緊張していた様ですが、でも、最後まできっちり歌い上げてくれました。
最後のハモのラインもしっかり覚えて、谷村さんと素晴らしいデュエットです。
完全な様式美のアレンジをDMBBも、適格に、そしてクールに演奏。
とってもとっても、スペシャルな「忘れていいの」になったと思います。

明日も晴れるといいな、と夜空に願いをかけて、家路に。
今回も楽しいセッション満載の「堂本兄弟」毎回、毎回、熱い応援をよろしくね。

コメント


久保田利伸さん、JUJUさん… と 全体的に大人〜な感じのセッションだったんですね(*^o^*) STEVIE WONDER大好きなので、久保田利伸さんやJ-SOULのお二人が歌う楽曲がどんな感じか楽しみです♪
建さん いつも楽しい レポありがとうございます!
DMBBのみなさんが いろいろな難しいセッションに 苦労しつつ? 楽しんで取り組んでおられる様子が よくわかり テレビで見るとき より深く楽しめます。
できれば TMSBのセッションも 放送してほしいなぁ・・・
こればかりは 収録に参加しないと 見られないですものね 
建さん
毎回お忙しい中、更新していただいてありがとうございます。
昨日の第二部に参加させていただきました。
楽器演奏リハでは歌っていなかったのに
歌収録本番がはじまって
まさかの光一さんの歌声
そして剛さんにバトンタッチ。
一瞬で私の瞳には星空が広がりました。
後は、ただただJUJUさんの素敵なヴォーカルを先頭に
DMBBが奏でる気持ちの良いスウィングにただよって
星の間を散歩しているような数分間でした。
愛にあふれた、あたたかな音のカタマリでした。
オンエアも楽しみにしております。
ありがとうございました。
建さん、こんにちは。堂兄収録お疲れ様でした。今回のゲスト最高ですね。久保田さん、JUJUさん、檀蜜さん。早く見たいです。JUJUさんとKinKiのコラボ楽しみです。建さん、生檀蜜さんはいかがでしたか?もうメロメロだったんじゃないですか。番組でもそんな建さんの姿が見たいです。これからも素敵な演奏を。それでは。
建さん こんにちは!
収録でお疲れのところ 今回も貴重なレポをありがとうございますm(__)m

観覧に参加された方々には きっと素敵な思い出として残っていくのでしょうね♪

毎回 こんなに幅広い曲を素晴らしいアレンジで聴かせていただいて 幸せに思っています。

今回も建さんのレポを思い出しながら 皆さまの世界に浸りたいです。


梅雨は嫌な季節と言われがちですが 雨が あらゆる生物を生かし育んでいきます。

その恩恵を受けるに相応しい人類でありたいですね。

この時期は古傷が痛んだり 弱い部分に支障が出やすいです。

どうぞ 皆さまお身体ご自愛くださいませm(__)m
昨日二本目のJUJUさんの回の観覧をさせていただきました!
「星に願いを」は小さい頃から大好きな曲だったのでJUJU×KinKi Kidsのコラボで聴けて鳥肌ものでした。
堂本兄弟でこんなJAZZYな雰囲気を生で味わえて幸せな時間でした。ありがとうございます!
OA楽しみにしています!!
【コメントの先頭に戻る】


コメントを投稿

名前
コメント
★番組に対する批判、誹謗中傷は望みません。一視聴者としてのみなさんの前向きなご意見と感想が番組と出演者を励まし,番組によい影響を与えてくれるものと信じます。連続して悪質な書き込みを行った場合には当事者に対して法的措置を講じる場合もありますのでご注意下さい。
 プレビューする

 
註:記事と関係ないコメントはご遠慮ください。ハンドルネームを変えての複数の人間を装っての書き込みはご遠慮下さい。 サーバーの仕様により、コメント反映に時間がかかる場合もありますので、連続書き込みもご遠慮下さい。 他のホームページでのもめごと等はこのページに持ち込まないでください。 個人間でのメールのやりとりでの問題についても同様です.書き込みに関して、 社会的・客観的に見て、公序良俗に反する内容、一個人に対する誹謗・中傷・実名や住所や電話番号などを 公開する行為、広告や商行為、著作権の侵害となる書き込みなどは、禁止です!書き込み内容はこちらの判断で削除・編集する場合がありますのでご了承下さい。また、フジテレビ以外の番組についての書き込みはご遠慮下さい。音組は書き込みの内容に関して一切の責任を負いません。ご自分の書き込みに責任を持ち、誤解を与えるような表現でないかをもう一度確認してから書き込んで下さい。プロキシサーバーを経由した書き込みも禁止です。以上にもかかわらず、荒らし行為や不正アクセス行為があった場合は、 当事者に対し法的措置を講じる場合がありますので予めご承知ください。

<< 2013年06月 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

きくちPの音組ブログ
2010 FNS歌謡祭 音組スタッフルーム

オフィシャルサイト
僕らの音楽
新堂本兄弟
FACTORY
GIRLS FACTORY
FNS歌謡祭
FolkDays




コピー禁止 このページに掲載されている写真はすべて著作権管理ソフトで保護され、掲載期限を過ぎたものについては削除されます。無断で転載、加工などを行うと、著作権に基づく処罰の対象になる場合もあります。なお、『フジテレビホームページをご利用される方へ』もご覧下さい。
(C) FujiTelevision Network, Inc.All rights reserved.