DOMOTO BROS. MUSIC DIRECTOR;Ken Yoshida's Blog

2013年04月17日(水)

ME report 130416 上を向いて歩こう!

毎年、思うんだけど、どうも桜の季節っていうのは風が強く、朝夕の温暖の差も激しい。
それに加えて、春の嵐ってやつも吹き荒れることが多いよね。
なにを言いたいのかっていうと、せっかく桜の花が咲いても、その容姿を満喫できる時間が意外に少ないんじゃないか、ってこと。
仕事は一日中屋内だし、明日は週末、家族でお花見でも、なんていう庶民の淡い期待も打ち砕かれること、しばしば。まあ、逆に言えば、それだからこそ、桜の短い命が切なく、哀しく思え、われわれ日本人はその容姿にこころを動かされるのかもしれないね….。
みんなはそれぞれ今年の桜、楽しんだのかな。僕は、そうだね、近所の史跡公園の桜がいつも素晴らしいので、それを見に行くことにしているんだ、今年も満開だったな。
さてさて、昨日の収録は

郷ひろみさん+剛力彩芽さん 『優しさを胸に抱いて』(堂本剛)
さだまさしさん+水樹菜々さん『秋桜』(さだまさし)
ナオト・インティライミさん+手越祐也さん『上を向いて歩こう』(坂本九)

というラインナップ!
一本目のゲスト、郷ひろみさん、剛力彩芽さんは歌わずに、剛君が近々にリリースするカバー・アルバムから「優しさを胸に抱いて」を歌ってくれることに。
ラブラブから応援してくれてるみんなは、もちろん知ってるし、懐かしい曲だよね。
剛君がギターを弾き始めた頃に作った曲ですね、いや、感涙!
ピアノを中心にした暖かいムードのイントロから、歌へ。
極端にサウンドを削った中で、剛君の歌詞が透き通る…。
歌を聴きながら、僕はタイム・トンネルで時間を遡っていくような気分になりました。
2コーラス目からサウンドは厚くなり、サビからはコーラスも入って、一段と気持ちが高まっていきます。
光一も、なんだか懐かしそうな目をしてアコギで頑張ってくれています。
うまく言えないけど、今までとひと味違ったセッションになったなって気がしてます。
時の流れ、っていうのかな、特にこの曲の生い立ちから知っているせいかもしれないね。
そんなムードもきっとオンエアで感じる事ができると思います。楽しみにしていてください。

二本目はゲストでいらっしゃったさだまさしさんのオリジナル「秋桜」をDMBBバージョンで
セッションしました。
さださんご本人のギターからスタート、水樹さんのリード・ボーカルに宮本さんのバイオリンが叙情的にからみ、雰囲気を盛り上がる、ウ〜ン、いい感じです。
サビではさださんがハモ・ラインを歌って、素敵なコラボレーションが展開。
2コーラス目から、DMBBの全員が参加して、サウンドがグッと厚くなります。
この曲で難しいポイントは最後のサビに行く直前の、音楽的に言うと「poco rit.」という場所なんだ。訳すと「ほんの少しゆっくりと….」みたいなことかな、さださんの「ありがとう」という歌詞が少しゆっくり歌われるんだね、そのフィーリングに合わせて、バンドもゆっくりに演奏するんだよ。この、「少しゆっくり」っていう感覚は、絶対的なものではなく、その時、その場で微妙に変化するんだ。だから、ミュージシャンはその一点に集中しなくてはならない。
気持ちが合わないと、当然次の小節の頭が合わなくなって、バンドとしては非常に良くないことになってしまうんだ。新メンバーになってまだ日も浅いDMBB、ここで素敵なアンサンブルを見せられるか、です。
結果?もちろん、気持ちをひとつに頑張りました!建さんは本番ドキドキだったけどね。
DMBBバージョンの「秋桜」お楽しみに!

そしてT M S Bの登場!今回のお題は
A7一発!合図で C-D という流れ。
ムードはジミ・ヘンドリクス的なワイルドなロック!
メンバー全員、パワフルに、アクティブに演奏を展開。
疾走感バッチリのセッションでした。

最後のセッションはナオト・インティライミ君が歌う「上を向いて歩こう」。
いいね、天下の名曲です、誰もが知ってる、そう、日本を代表する世界的ポップス「スキヤキ」です。
しかし、この曲をアレンジするのは、ウ〜ン、初めてだなあ、きっと。
そういう機会も確かに無かったしね、いや、嬉しいことです、僕には。
何故かって言うと、こういう名曲は音楽的に紐解くといろいろと学べる事が多くて、なるほど!と
納得してしまうんですね。
さて今回、DMBBでトライするにあたり、きくちPからアイデアがあり、最初1コーラスはナオト君と宮本さんのバイオリン、2コーラス目からはKinKi Kidsのアコギが参加して、もう一人のゲスト、手越君が歌う….、という風に、どんどん厚く、そして熱くなって、という流れです。
DMBBのメンバーも全員で歌っていますよ。
これね、あんまりレポートしないで、オンエア見て聴いて欲しいんです。
どんなに幸せな音が、映像があるか、絶対、見逃さないで欲しいんです!
いやあ、素晴らしい!世界に誇る日本のポップス!
涙が出ちゃうよね…。
いやあ、音楽って本当に楽しい!こんな思いを新たにした春の宵でした。
じゃ、また次のセッションで会いましょう!

コメント


皆様と同様なコメントをお許し下さい

メンバーの中に いつも建さんが居るの 当たり前だっただけに 何だかとても寂しいです
これからもずっと 優子と応援しています
堂本兄弟、MY WISH と 優しさを胸に抱いて本当に感涙でした!
今回のバンドメンバーに、健さんがいなかった事が唯一残念です。
健さんがKinKiのために作ってくださった「恋は匂へど散りぬるを」が聞ける日を楽しみにしています。
お身体大切にしてください。
建さんの日記を読んで益々今日のオンエアが楽しみになりました。 いつも素敵な音楽を届けてくださり、ありがとうございます。 KinKi Kidsのコンサートで披露された建さんが作詞作曲した曲も堂本兄弟で聴きたいです。 これからもKinKi Kidsの無限大の可能性を引き出してくださいね。楽しみにしています!
建さん、いつもありがとうございます。
建さんのレポートを読んで想像力を働かせてO.A.日を楽しみにしています♪
剛さんの「優しさを胸に抱いて」を新堂本兄弟で観られる(聴ける)とは…しかも光一さんもアコギで参加。どんな雰囲気なのかなぁと今から本当に楽しみです!
これからも、建さん独自のレポートも、放送と合わせて楽しみにしております☆
関東は初夏の陽気ですね。
札幌は、やっと春の訪れ。ふきのとうが咲いています。
桜は、もう少し先。
待ち遠しいです。

そして
「優しさを胸に抱いて」を聴けること
とっても嬉しいです。

その頃の自分を思いだすと、若かったなぁ。ふたまわりくらい小さかった。
あれって 言ってなかった。
だははは…。
どっしりと年を重ねました。

「秋桜」…頭の中で百恵さんが唄っています。
友達と叔母が大ファンでした。
DMBBバージョンの「秋桜」楽しみになりました。

「上を向いてあるこう」
どんなふうに仕上がったのかな。

建さん♪
季節の変わり目は、いろいろ出たりするので
お体ご自愛くださいね。
(*⌒▽⌒*)
健さんお疲れ様です。 DMBBも新しいメンバーに変わって、前とは違った素晴らしさがありますが、今まで健さんがいたと思うとちょっぴり寂しいです。 健さんはずーっと演奏して下さっていたので安心感があるんですかねw 音楽のことも雰囲気が伝わるように詳しく書いて下さるので、文章でもわかりやすいです。 これからの健さんは番組に対するポジションは変わってしまうのかもしれませんが、堂本兄弟を支えて下さってることには変わりないですし、これからも応援します! 日記もいつも楽しみにしてます★
建さん、建さんの姿がみえないのはすごく寂しいです・・・いつも温かくみんなを見守ってくれてたのに・・・いろいろ大変でしょうが、またぜひ演奏にも参加してください! いつか番協に当たって、TMSBを聴きたいなぁ〜 そのときはぜったい建さんにも逢いたいです! まだまだ季節が行きつ戻りつして不安定です。くれぐれもお身体を大切になさってください。
なんだか懐かしい曲ばかりですね、剛くんの曲もそうですが秋桜・上を向いて歩こうなど・・歌詞が響く歌ばかりで楽しみです。上を〜なんて、多くを語らず観てほしいなんて期待大です。新バンドの皆さんやコーラスも楽しみです☆
「優しさを胸に抱いて」が聴けることがとても嬉しいです(^^)
TMSBの様子をいつもレポートして下さることもとてもありがたいです。
TMSB、いつか放送で聴きたいなあ。
これからも楽しみにしていますね。
はじめましてです。
キンキさんのライブではいつも遠くから建さん参加されてるか双眼鏡でチェックしている私です。
優しさを胸に抱いて、十代の剛さんから三十代の剛さんへ引き継がれた曲をこの番組で聴けるなんて、今からドキドキ(笑)楽しみにしています。
生演奏生歌で建さんのアレンジでキンキさんはじめミュージシャンの方々が奏でるなんて、ラブラブの時から贅沢で素敵だなと思っています。練習されてる裏側も見せていただきたいです。あとTMSB少しだけでも…。お仕事頑張ってくださいね。
【コメントの続きを読む...】


コメントを投稿

名前
コメント
★番組に対する批判、誹謗中傷は望みません。一視聴者としてのみなさんの前向きなご意見と感想が番組と出演者を励まし,番組によい影響を与えてくれるものと信じます。連続して悪質な書き込みを行った場合には当事者に対して法的措置を講じる場合もありますのでご注意下さい。
 プレビューする

 
註:記事と関係ないコメントはご遠慮ください。ハンドルネームを変えての複数の人間を装っての書き込みはご遠慮下さい。 サーバーの仕様により、コメント反映に時間がかかる場合もありますので、連続書き込みもご遠慮下さい。 他のホームページでのもめごと等はこのページに持ち込まないでください。 個人間でのメールのやりとりでの問題についても同様です.書き込みに関して、 社会的・客観的に見て、公序良俗に反する内容、一個人に対する誹謗・中傷・実名や住所や電話番号などを 公開する行為、広告や商行為、著作権の侵害となる書き込みなどは、禁止です!書き込み内容はこちらの判断で削除・編集する場合がありますのでご了承下さい。また、フジテレビ以外の番組についての書き込みはご遠慮下さい。音組は書き込みの内容に関して一切の責任を負いません。ご自分の書き込みに責任を持ち、誤解を与えるような表現でないかをもう一度確認してから書き込んで下さい。プロキシサーバーを経由した書き込みも禁止です。以上にもかかわらず、荒らし行為や不正アクセス行為があった場合は、 当事者に対し法的措置を講じる場合がありますので予めご承知ください。

<< 2013年04月 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

きくちPの音組ブログ
2010 FNS歌謡祭 音組スタッフルーム

オフィシャルサイト
僕らの音楽
新堂本兄弟
FACTORY
GIRLS FACTORY
FNS歌謡祭
FolkDays




コピー禁止 このページに掲載されている写真はすべて著作権管理ソフトで保護され、掲載期限を過ぎたものについては削除されます。無断で転載、加工などを行うと、著作権に基づく処罰の対象になる場合もあります。なお、『フジテレビホームページをご利用される方へ』もご覧下さい。
(C) FujiTelevision Network, Inc.All rights reserved.