DOMOTO BROS. MUSIC DIRECTOR;Ken Yoshida's Blog

2009年08月24日(月)

MD report 090823 DMBB 3rd. LIVE!大成功!

おはよう、みんな。
見てくれたよね、もちろん。
そう、昨夜12時かっきり、待ちに待ったDMBBの3rd.LIVEが生放送されました。
緊張と興奮とクールさが程よくミックスしたいいLIVEだったと思います。
みんなはどうだった?めいっぱい楽しんでくれたかな?
きっとそうだよね。そう信じてるよ、建さんは。
11日だったかな、メンバー全員集まってリハーサルしたのが、確か。
リハーサルの音源は、その段階では正直あまり芳しくなかったんだよ。
ウ〜ン、困ったな、イメージ通りできるかな、曲のつなぎは大丈夫かな、楽器の持ち替えはうまくいくかな、とかそんな心配が
頭をよぎるんだよね。
それから10日以上、それぞれお仕事しながらも、どこか心の中にこのLIVEに対する緊張を持ち続けていたんだと思う。
そして昨日、会場に集合、ゲストを交えて通しリハーサルをランスルー含めて3回やったんだよ。
最後のランスルーはメンバーもお腹が減ったりで、少々バテ気味。
もう気力でいくしかなかっね。
いよいよ本番が始まり、あとはみんなが見て、聴いてくれた通り。
『堂本兄弟のテーマ』から最後のアンコール『硝子の少年』まであっと言う間の30分余でした。
ホント、あっという間だった、っていうのが僕たちの実感。
打ち上げではみんなで乾杯!DVDを全員で鑑賞、ここはこうだった、ここは危なかったよね、この歌良かったよ、など、
メンバーがお互いに声を掛け合って、楽しい雰囲気だったなあ。
演奏している時はあっという間なんだけど、見てみるとどの曲もちゃんとしっかりやれてるんで、ちょっぴり安心しました。
But!建さんの歌はやっぱり恥ずかしいッ!もうホント、汗、汗、汗!
ゲストのアーティストもみんな参加してくれて、いろんな場所で盛り上がってた。

こんなに素敵な演奏やパフォーマンスをしてくれたメンバー全員に感謝。
この機会を与えてくれたきくちPに感謝。
早朝からステージを作ってくれたり、音響の準備をしてくれたスタッフのみなさんに感謝。
そしてこのLIVEを心から楽しみにして待っていてくれたみんなに感謝。

準備はそれなりに大変だったけど、最高のメンバーやスタッフが支えてくれていると思えば、そしてみんなが期待していると思えば、
そうは思いません。
今まで培ってきたDMBBの力が充分発揮されたLIVEになったと。
さあ、目指すは500回記念LIVEだぜッ!
その日をみんなで迎えようね。
ありがとう、みんな。

PS:
TVガイドのDMBB特集、見てくれた?いい写真だね,あれは。
DMBBはまさしく『HOME』って感じがする一枚。
Kinkiも可愛いし、集合写真もホントにみんないい笑顔だし、対談もいい感じだよ。
是非、見てね。

コメント


建さんお元気ですか。
堂本ブラザーズバンド生ライブに落選した事は返すがえすもショックでしたが、そんな中、待ちかねた季節がとうとうやって来ます。Non Stopに坂をのぼり、更には階段を静かに迷わずステップアップして来られたとこです、建さんも束の間でしょうがちょっと途中で落ち着いた時間を持って下さいね。コーヒー片手にクラシックなんぞ聴きながらまったりするのもいいかも。
番組応援してます。
昨日はほんとに楽しかった。お蔭様で私の記憶は完璧に消えています。ご迷惑おかけしていたらお詫び申し上げます。次回楽しみにしています。
ライブめちゃめちゃ楽しかったです!!!
やっぱり生はイイです♪
ぜひぜひまたライブやってほしいですo(><)o

建さんの歌ってるとこまた見たいです!
生放送を観ました。本当にあっという間の30分!
ゲストも豪華で、たったの30分?と、放送時間の短さが恨めしいほどです(笑)
ビートルーズ復活がとっても嬉しかったです。

演奏から緊張感も楽しさも伝わってきました。
バンドの仲の良さが音にも反映されているように感じました。健さんの貴重な歌声を聴けたのも、サプライズな演出でよかったです。

ガイドの集合写真や対談も素敵でした。
3rdが終わったばかりですが、4rd・5rdのLIVEがあることを信じてやみません。
お疲れ様でした。そしてこれからも楽しみにしております。
建さんへ DMBB 3rd LIVE とても豪華なゲストで華やかなライブとなりましたね。セッションってとても楽しいものでしょうね。私は学生時代にコントラバスの奏者でした。楽器は10年以上ずっと好きで触れていましたが、段々年齢を重ねていくうちに離れてしまいました。DMBBの皆さんを見ていると、セッションって素敵なんだろうなぁ〜って思います。建さんにぜひご要望なのですが、皆さん大変大変ご多忙な方々ばかりで実現化はとても厳しいと思いますが、何かの機会があったら、楽器担当チェンジを試みて頂けませんか?勿論、一度一夜限りの。剛くんは多才ぶり発揮のいろんな楽器を自由自在に操れます。見ていて、こちらも、かなりグッときます。今回、【ビートルーズ】という楽曲をされましたが、私はご新規ファンのため、全く知識がなく初めて拝見しました。以前はドラムを光一くんは担当とこちらのコメントを読んで知りました。光一くんのドラムを叩くというのも、せひ見てみたいと強く思いました。ベースも私的にはカチッって感じで光一くんはハマると思いました。あくまでも、個人の主観の発想ですが……剛くんは管楽器を[アルトサックス]吹かれたりしたら素敵なんだろうなぁ〜って感じます。もし、そんな夢のような現実が起きたら極楽です。大変貴重なスペースを長文で乱してしまいまして申し訳ございませんでした。
遅くなりましたが、生ライブお疲れさまでした。
そして、ありがとうございます(^^)v

TVガイド見ました。まさにあの雰囲気のまま、素敵に楽しい、ライブでした。

次は500回、そうですね☆
どんどん、続いてほしいです(≧▼≦)

アンコールも聞きたかった、などと思ってしまいますが…
みなさん、本当にありがとう(^3^)/
 生LIVE、お疲れ様でした。

 バレーの延長により、待ち時間が長くなってしまっても、テンションが下がることなく、最高のライブでした。
 目指せ!500回、正に、そうですね♪
健さんの清志朗、最高でした!!!
もうテンションマックスですよおおおおお!!!
500回目も期待してますよ(笑)
建さんライブお疲れ様でした!
建さんと蘭丸のRCの曲、聴いていて涙がでました。
きっと天国でも清志郎、歌ってんだろうな・・・。
なんて思いながら聴いていたら、最後のほうの、悲しい気分なんかぶっ飛ばしちまえよの、ぶっ飛ばしちまえよのフレーズ、一瞬だけど清志郎の声が聞こえたような気がします
DVDも何度も見たけど、私には聞こえる・・・。
娘も、「あっ!清志郎だね!」と、二人でまた涙しました。
きっと天国からスピードつけて、歌いにきちゃったのかな?
だって、建さんの事、清志郎大好きだものね!
健さんが歌ってる姿、めっちゃカッコよかったです!
(≧▽≦)/

やっぱりDMBBはサイコーですね★!

わたしは24日から学校が始まったのですが、
なんか、堂本兄弟を見てたときみたいに、気分アゲアゲ↑↑で新学期をむかえることができました。

生LIVEのおかげだと思っています。
(^O^)

今度は10周年 or 500回記念の生LIVEを楽しみにしています!
(^-^)v

【コメントの続きを読む...】


コメントを投稿

名前
コメント
★番組に対する批判、誹謗中傷は望みません。一視聴者としてのみなさんの前向きなご意見と感想が番組と出演者を励まし,番組によい影響を与えてくれるものと信じます。連続して悪質な書き込みを行った場合には当事者に対して法的措置を講じる場合もありますのでご注意下さい。
 プレビューする

 
註:記事と関係ないコメントはご遠慮ください。ハンドルネームを変えての複数の人間を装っての書き込みはご遠慮下さい。 サーバーの仕様により、コメント反映に時間がかかる場合もありますので、連続書き込みもご遠慮下さい。 他のホームページでのもめごと等はこのページに持ち込まないでください。 個人間でのメールのやりとりでの問題についても同様です.書き込みに関して、 社会的・客観的に見て、公序良俗に反する内容、一個人に対する誹謗・中傷・実名や住所や電話番号などを 公開する行為、広告や商行為、著作権の侵害となる書き込みなどは、禁止です!書き込み内容はこちらの判断で削除・編集する場合がありますのでご了承下さい。また、フジテレビ以外の番組についての書き込みはご遠慮下さい。音組は書き込みの内容に関して一切の責任を負いません。ご自分の書き込みに責任を持ち、誤解を与えるような表現でないかをもう一度確認してから書き込んで下さい。プロキシサーバーを経由した書き込みも禁止です。以上にもかかわらず、荒らし行為や不正アクセス行為があった場合は、 当事者に対し法的措置を講じる場合がありますので予めご承知ください。

<< 2009年08月 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

きくちPの音組ブログ
2010 FNS歌謡祭 音組スタッフルーム

オフィシャルサイト
僕らの音楽
新堂本兄弟
FACTORY
GIRLS FACTORY
FNS歌謡祭
FolkDays




コピー禁止 このページに掲載されている写真はすべて著作権管理ソフトで保護され、掲載期限を過ぎたものについては削除されます。無断で転載、加工などを行うと、著作権に基づく処罰の対象になる場合もあります。なお、『フジテレビホームページをご利用される方へ』もご覧下さい。
(C) FujiTelevision Network, Inc.All rights reserved.